ニューヨーク・シティ、黒の2015シーズン新アウェイユニフォームを発表

23日、アメリカのMLSはカンファレンス・ファイナル第1戦が行われ、東ではニューイングランド・レヴォリューションがニューヨーク・レッドブルズにアウェイで2-1と勝利。西ではロサンゼルス・ギャラクシーがシアトル・サウンダースにホームで1-0の勝利を収めた。

いよいよ佳境を迎えた2014シーズンだが、来年からMLSに参入する“二つのシティ”、ニューヨーク・シティとオーランド・シティの2チームも記念すべきファーストシーズンに向けた準備が着々と進行中。

いずれも来季の新ユニフォームを発表しており、24日にはニューヨークがホームに続くアウェイユニフォームを新たにお披露目している。

new-york-city-2015-adidas-away

New York City 2015 adidas Away

NYCFCの初代アウェイは、黒をベースにしたデザイン。チームカラーである水色とともにオレンジを差し色として使っており、身頃にはニューヨーク市の5つの行政区(マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテンアイランド)を表す5本のシャドーストライプが斜めに入れられている。

夜のニューヨーク」を思わせるなかなかスタイリッシュな仕上がりだ。

横浜F・マリノス、限定販売のカップ戦用2016新ユニフォームを発表!

いよいよ2016シーズンのJ1がスタートしたが、やや元気がないクラブの一つが横浜F・マリノス。エリク・モンバエルツ体制2年目のチームはプレシーズン4試合、そして0-1で敗れたベガルタ仙台との開幕戦と、今年に入ってからいまだ無得点が続いている。

ここまで目立った補強もないだけに、新戦力の到着を待ち望む声は大きい。

Yokohama F. Marinos 2016 adidas Cup Hom

横浜F・マリノスユニフォーム

その横浜FMが3日、恒例となったカップ戦用の新ユニフォームを発表。

今季のユニフォームコンセプトである『伝統と革新』をベースに、1990年代前半のシンプルかつクラシカルなユニフォームをイメージしたデザインとなっている。

横浜F・マリノスユニフォーム

横浜F・マリノスユニフォーム

スリーストライプスに“トリコロール”が使われていない点が当時と異なる。